読まれる文章を書くための、4つのマインドセットと4つの事前準備とは

ベッドとPCと本 ライティング

企業はもちろん個人でも自分のサービスやなどやコンテンツを持ち、それを伝えていきたい、という人たちがどんどん増えていますよね。

SNS、動画、音声など様々な配信媒体はありますが、どんな媒体であれ「相手に興味をもってもらい、きちんと伝わるように伝える」ということに頭を悩ませる方は多いはず。

どんなに素晴らしいコンテンツやサービス、もしくは考えや情報を持っていても、まず興味を持ってもらい、それを聞きたい、読みたい、知りたいと思ってもらえなければ、残念ながらそれは”存在しない”と同じことなんです。

せっかくの素晴らしい価値あるものならば、ちゃんと価値あるものとして相手に分かるように伝え、そして信頼を持ってもらいたいですよね。

そこで今回は、「読まれる文章」を書くためのマインドセットと、書く前に必須の事前準備、そして文章の核となるメッセージの作り方についてお伝えします。

「読まれる文章」を書けるかどうかというのは、記事内容ももちろんですが、実はこのマインドセットと事前準備ができているかどうかによって大きく左右されるのです。

おきさや
おきさや

またこの事前準備のなかには、文章の最も核となるメッセージを作るための準備も含まれているよ。

今回の記事では、それらのことについて詳しくお伝えしていきますので、読まれる文章を書けるマインドセットと事前準備、文章の核となるメッセージの作り方をしっかり理解して、あなたの大切なコンテンツやサービスに興味を持ってもらい、ファンをつくっていきましょう!

読まれる文章を書く前に知っておくべきマインドセットとは?

PCで仕事をする女性

さて、あなたが何かとても伝えたい熱い思いを持っていて、それを相手に伝えるとき、どのように伝えるでしょうか。

情熱のまま相手にぶつける方もいれば、要点をまとめて論理的に伝えるなど、その時々の場面や、相手や自分の状況に応じて、いろいろな方法や伝え方がありますよね。

しかし、あなたが自分の伝えたいことが確実に、読み手に読まれるような文章を書きたいのであれば、文章を書く前に必ず知っておかなければならない「4つのマインドセット」があります。

このマインドセットをきちんと理解できているかによって、今後の文章を書く視点が大きく変わってくるのです。

その4つのマインドセットとは

①見つけてくれない
②気にしてくれない
③読んでくれない
④信用してくれない
というものです。
おきさや
おきさや

いきなり、なかなか辛いねえ。

これはどういうことかといいますと、よくブログなどで、有名人の方が毎日の行動や、作った料理や愛犬と一緒の姿で写真と数行だけの文章をアップして、何千のイイネや数万のPVを稼いだりしていますよね。

つい私たちも、自分のことをみんなが知ってくれていて、書いてくれればみんなが見てくれて、いいねとかしてくれる、、、、そんな気がしちゃっていますが、残念ながらそうはいきません。

おきさや
おきさや

なぜなら私たちは、有名人でもなければ、インフルエンサーでもない、ただの無名の一般人。有名人が花屋で売られている名のあるお花なら、私たちは道端の名も知れぬ雑草です(笑)

有名人がSNSなどをアップしてみてもらえるのは、それはもうすでに影響力があり、ファンがつき、その人のことを知りたい、という人たちがたくさんいるという大前提があるからなんですね。

まったく有名でもない知らない人が書いた、どんな内容かも分からないものを、あなたはわざわざ探して読もうと思ったり、また読んだとしても、その人の伝えることをすぐに信用できるでしょうか。

これらに関しては、どの発信媒体においても共通する大前提なのですが、文章媒体においてはさらに

・顔が見えない
・表情が分からない
・ボディーランゲージが使えない
・声の抑揚をつけたりトーンを変えられない
・相手の反応を見ながら言葉を変えたりして伝えることを変えられない

という対面や動画などなら伝えられることも表現できないので、実はかなりハードルが高いのです。

文章の書き手はこのハードルを越えて、読み手に伝えたいことを伝わるように工夫しなければなりません。

なので、文章で読み手に伝えたい!と考えた時、必ず先ほどお伝えした4つのマインドセット

①見つけてくれない
②気にしてくれない
③読んでくれない
④信用してくれない

を頭に入れ込んでおき、そのハードルを越えて

①見つけてくれる
②気にしてくれる
③読んでくれる
④信用してくれる

そして最後に「行動してくれる」ように伝えていかなければならないのですね。逆にいうと、このハードルをしっかりと超えるように考えられた文章は必ず伝わる文になり、読まれる文章になっていきます。

このマインドセットは、普段の生活の中ではなかなか意識することもないですし(なぜなら生活圏内であれば、全く知らない人たちと顔も見せないで話す、ということ自体ほとんどないですよね)意識しないとすぐに忘れてしまうので、文章の書き手になるときは、必ず意識してくださいね!

あなたの文章を読んでもらうためには
【大前提】—–>【壁】—>【乗り越える】

 

①見つけてもらえない—–>①見つけてもらう工夫をする
②気にしてもらえない—–>②気にしてもらう工夫をする
③読んでもらえない——->③読んでもらえる工夫をする
④信用してもらえない—–>④信用してもらえる工夫をする

の手順をしっかり踏んでいくことが大事!

読まれる文章を書ける人は、文章を書く前の準備に力を注ぐ

ミーティング

さて、次に読まれる文章を書くために、まずなにから始めればいいのかについてお伝えします。

読まれる文章を書いていくためには、まず大きく分けて4つの流れを踏んでいきます。その4つの流れとは「準備」「執筆」「編集」「修正」の流れです。

実はここの4つの流れのなかで、どこに力を入れるかで、読まれる文章を書ける人と、書けない人に大きく違いが出ます。

それはどこで、どのくらい違うか、というと

書けない人:準備10% 執筆:60% 編集20% 修正10%

書ける人:準備40(50)% 執筆20% 編集30(20)% 修正10%

くらい違うのです。

とくに、その中でも事前準備と執筆にかける割合が全然違いますよね。

実は、プロのライターさんや何かのサービスなどを読者に届けるような文章を書く人に必要なのは、文章センスではありません。

ライターは、どこにその届けたいものを読んでくれる人がいるのか探して、それらがどんな人達で、どんな形にしたら欲しいと思ってくれてるのか、その人たちを集める仕掛けを考えて書くことが大事なので、リサーチと準備にすごく時間をかけています。

読み手に読まれる文章、あなたの大切なものを相手に届くように伝える文章を書くためには、この事前準備というのは決して外せないものなんですね。

では、つぎにこの事前準備には、どういうものが必要かについてお伝えしていきますね。

読まれる文章を書ける人、文章が上手と言われる人は、実は書くセンスがあるというよりも、事前準備やリサーチにしっかりと時間を割いて調べることが出来る人。

読まれる文章を書くための4つの下準備

5W1H

読まれる文章を書くためには、まず必要な4つの事前準備があります。

文章を読んでいて、なにを言いたいのか分からない、散漫になってしまうという場合、この4つの事前準備をしっかりしておくことで、読み手にきちんと伝えたいことが伝わる文章になるので、文章を書く前にしっかりと準備していきましょう。

では、早速その4つの下準備とは何かというと

①誰のために書くのか
②その文章を書く目的は、ゴールをどこに設定するのか
③メッセージ
④内容となる素材

というもの。

文章を書く前に、この4つの要素についてしっかりと考えておくと、とても明確で分かりやすく、そして読み手に伝わりやすい文章を書くことができるようになります。

おきさや
おきさや

順番に一つひとつ、解説していくよ。

①誰のために書くのか

まず読まれる文章に必要な要素に「誰のために書くか」を、しっかり明確にしておくことがあります。

ライティングというのは、あたり前なのですが、「読み手」ありきです。

伝えたいことが「書き手」にありそれをどうしても伝えたい!と、どんなに思っていても「読み手」に必要ないと判断されれば、読んでもらえません。

おきさや
おきさや

完全なる「読み手ファースト」!

そのため、いかに「書き手」の伝えたいことを、「読み手」がそれを読みたくなるように伝えられるか、ということが読まれるための重要な鍵になります。

つまり、そのためには、この「読み手」がどんな人なのかについて研究する必要があるのですね。

たとえば「伝えたい内容」は同じであっても

・文章の内容
・情報収集の方法、内容
・文体、表現の方法
・読み手との距離感
・読み手に対して使う言葉

これらのことを「読み手が誰なのか」に合わせて配慮し、変えていく必要があるんです。なかなか、細かいし、そんなことまでしなきゃいけないの?と思うかもしれません。

でも人が一番興味あるものって、「自分自身」なんですよ。自分自身に関係あるものだから、読みたいんです。

なので「自分に関係がある」と思ってもらえるように、「読み手」を細かく分析して、特定の相手に呼びかけるように、その人の興味がある話題として伝えていく工夫をすることが、とっても大事なんですよね。

しかし、これをしっかりと行うことで、「読み手」にとって、それは自分だけに伝えてくれているものだ、と自分事としてようやく受け取ってもらえるようになるのです。

②目的・ゴール設定(読者になっていて欲しいこと)

なぜゴール設定が必要なのか

つぎに文章を書く前の準備として必要なのが、「読み手」がその文章を読むことで、何をどのように得られるのか、「読み手」にどのように感じてもらい行動してもらえるのか読み手にどうなっていて欲しいのかのゴール(目的)を設定しておくことです。

この目的地がハッキリしていないと、書いているうちに文章にあれもこれもと伝えたい要素を盛り込み、結局読んでいても何を言いたいのか分からない文になってしまうんですよね。

おきさや
おきさや

そうなると読み手は、自分がなんでこれを読んでいるのか分からないし、自分事にもできないので、途中で離脱しちゃうんだよね。

目的をはっきりさせておくと、自然と文章に、読み手をゴールに導くためにどんな内容を入れていけばよいのか見えてくるようになります。

2つのゴール設定

さて、上記でお伝えしたゴール設定なのですが、このゴールを設定するときに、2つの内容でゴール設定をしておくと、より読まれる文章を書くことができます。

その2つのゴールとは

●知識、理論・・・・数値など客観的にどれくらいの変化を起こしたいのかを明確にする

たとえば、どれくらいの人に知ってもらえたのか、情報はどういうことを伝えて、どのレベルまで相手に理解もらえればいいのか、読み手にどんな行動を起こしてもらいたいのかという設定。

●感情・・・読み手がその文章を読み終わったとき、どんな気持ちを感じていて欲しいのかを明確にする。

それを読んだ時、読み手がどのように感じていて欲しいか、を設定しておく。ワクワクしてほしいのか、共感を起こしたいのか、感動を感じてほしいのか、好きになって欲しいのか、など。

文章を書くときは、知識、理論のゴール設定を重視しがちですが、この相手の感情を動かすことは、信頼を得ることや、読み手にファンになってもらったり、文章で関係構築をするために、とても重要になる部分です。

この知識と理論のゴールと、読み手の感情のゴールをしっかりと決めておくとで、どんな文章を書けばいいのか、ということをかなり明確にすることができるのです。

③メッセージ

スタイルブック

つぎに読まれる文章に必要な要素はメッセージについてです。

メッセージというのは、その文章の中で、自分が「読み手に何を最も伝えたいか、理解してほしいか」ということですよね。

ここの部分は文章のなかでも、大事な核の部分にあたるので、このメッセージ内容が明確であり、かつ、読み手にハッキリわかりやすく伝えていく必要があります。

そのため、この部分は単なる「事実、データ、自分の感想」ではなく、メッセージは「相手のためになること、相手に気持ちの変化や行動の変化を起こさせるような内容」であることが大事です。

それはどういうことかというと、もしあなたが伝えたいことが、「服装を変えると、人生が変わる」というメッセージだとします。

まず事実として並べた文章で

お店の店員さんに勧められて新しい服を買った。いろいろな人に素敵だと褒められた。ついでに化粧も合わせて変えてみた。髪型やネイルも変えてみるといいかも。楽しい気分だ。

という内容を、「自分を変えるには、まず外見から」というメッセージを伝える為の文章にしてみると

お店の店員さんに勧められて新しい服を買った。自分では決して選ばないタイプの服だ。今までも自分を変えたいと思っていたけれど、まず外見を変えてみると、気持ちも変わりますよ、と言われたので、エイっとお任せしてみた。

いつもは動きやすい服がメインだけど、今回はとても上品で女性らしい服。いろんな人が褒めてくれて、なんだか嬉しくなって化粧も変えてみた。今度は髪型変えたり、ネイルもしてみようかな。

自分のことあまり好きではなかったけれど、こうして褒めてもらえたり、自分でも小さな行動をしてみると、ちょっと自信がつく。会社に行っても笑顔が自然に出てくるようになってきた。

本当に外見を変えると、少しずつ気持ちまで変化していくんだな。

この2つの文章を比べてもらうと、最初の文章は、自分の行動の事実を見たまま、そして自分がどう感じたかという、感じたままを伝えています。

おきさや
おきさや

でも残念ながら、単に出来事や感想を伝えられただけでは、読み手にとっては、はい、そうなんですね、と他人事にしか思えないのです。

それと比べ、次の文章では、自分が読み手一番伝えたい(主張)ことに合わせて、自分の事実や感じたことを使って、メッセージを伝えていますよね。

この「メッセージ(主張)」があるからこそ、その文章を読み手が読んだ時に、自分ごととしても受け取り、共感でき、自分もなにかしたい、と思えるようになるんです。

「自分が何を読み手に伝えたいのか、どういうエッセンスを読み手に受け取ってもらいたいのか」ここをまずしっかりと押さえておくと、読み手が読みたくなる文章になります。

④内容となる素材

最後の要素は文章の内容部分となる素材集めについてです。

文章を書いていくには、誰にのために、その人がどうなっていて欲しいか(ゴール)、どういうことを伝えたいのか(メッセージ)を考えていくことが必要だとお伝えしてきました。

これらは文章骨組みのようなもので、今度はその中身となる素材を集めることが必要になっていきます。

おきさや
おきさや

またその素材は、文章全体を構成するための内容にもなるし、伝えたい「メッセージ」を作るのにも必要なパーツにもなるよ

その文章の肉付けとなる素材とはどのようなものかというと

・出来事
・気づき、思考、感じたこと
・メッセージ(出来事、気づき、思考、感じたことから引き出していく)

になります。

文章の中には、これらの3つのパーツがちゃんと揃うことで肉付けされていくのですが、メッセージ自体が、出来事やそこからの気づきや感じたことから導きだされていきます。

たとえば、何かが起こり、その出来事をそのまま書いても、読み手はまったく興味も関心も持たないですよね。自分ごとにならないからです。

しかし、その出来事を通して、あなたが感じたり思ったことが、それを自分以外の人にとっても役立たせようとした時、読む方もこれを読んだら何かメリットが自分にあるのでは?と興味を持って読んでくれるのです。

なので、日ごろから起こったことをそのままスルーせず、どんな出来事があったかをメモしたり、そこからどのようなことに、気づいた、考えた、感じたかまでをしっかり考えることがとっても大事になるのです。

ここまでが、読まれる文章を書くために必要な4つの事前準備になります。この事前準備がどれだけできているかが、読み手がどんどん読みたくなる文章になるかどうかの分かれ道になるので、しっかりと準備していきましょう。

文章を書ける人は、執筆時間よりも準備時間のほうに多くエネルギーを注ぐ。ライターに必要なのは書くセンスよりも、リサーチ、事前準備をしっかりしておく能力。

準備するものは、①誰のために書くのかを明確にしておく②文章を読むことで読み手にどうなって欲しいかのゴール設定を決めておく③自分が読み手にもっとも伝えたいメッセージを明確にする④文章の内容となる素材を普段から集めておく

読まれる文章を書くために最も必要となるのは、「センス」より「状況を把握する視点」

考える男性

さて先ほどから、読まれる文章を書くためのマインドセットについて、そして事前準備をすることの大切さについてお伝えしてきましたが、最後に読まれる文章を書くために、最も必要な視点についてお伝えします。

文章が書けないという人は、自分にはセンスがないから、苦手だからという方も多いですが、実はライティングの大半は小説や詩などと違って、書くための感覚的なセンスはそれほど重要ではありません。

それよりも、先ほどからお伝えしている事前準備がきちんとできているか、という事と「状況を把握できる視点」をしっかりと持てているかどうか、の方が重要なのです。

この「状況を把握できる」視点を身につけられれば、どんな文章でも「読まれる文章」と自然となっていくので、しっかりと身につけていきましょう。

状況を把握できる視点ってどういうもの?

では早速ですが、状況を把握できる視点というのはなにかについてお伝えしていきます。

状況を把握できる視点というのは、自分の伝えたいことがあり、それを書きながら

・相手はどんな人か?
・相手は自分のことを知っているか?
・相手と自分との距離感は?
・相手が理解できるか?
・相手が興味を持てる内容か?
・相手がこれを読む意味やメリットは?

という、読み手の立場に立って、読み手のことを理解し、そして読み手が自分の書く文章、その中の自分が伝えたいメッセージに対して、どのように受け取り、どう思い感じて、どう行動するのかを、俯瞰して見れる視点のことです。

つまりは「読み手」のことを第一に考えながら、自分の伝えたいことを、ただ自分の情熱のまま思ったまま書き散らすのではなく

・相手はどんな人か?
・相手は自分のことを知っているか?
・相手と自分との距離感は?
・相手が理解できるか?
・相手が興味を持てる内容か?
・相手がこれを読む意味やメリットは?

に柔軟に合わせて、書き方を変えていくための視点ですね。

人は自分がどうしても伝えたいことがあると、ただただ自分の気持ちをぶつけてしまいがちで、読み手の視点というのをなかなか意識することは難しいです。

文章っていうのは、相手が目の前にいて顔を見て話して伝えられる訳ではないので、とにかく書きながら読み手であったら、この言葉や表現はどのように受け取るだろうかを、相手の立場になって想像する視点が必要なのです。

伝えたいこと(メッセージ)を相手の視点に立って考えるためのポイント

ノートを書く男性

上記であげた「状況を把握する視点」ですが、これは自分が最も伝えたいこと(メッセージ)部分をつくる上でも大事なポイントとなります。

メッセージ部分は文章の中の核となる大事な要素ですし、またしっかりと書ければ、読み手を引き付ける部分となります。

しかし、どんなに気持ちを込めて一生懸命書いたとしても、ただ自分が書きたいように書くだけでは、残念ながらそれは読み手にとっては、自分に必要なものだと思えず、読んでもらえない文章になってしまいます。

おきさや
おきさや

頑張って書いているのに、読んでもらえなかったら悲しいよね。。

そのためにも、文章を書くときは「読み手の立場や気持ち」を意識して、自分の伝えたい内容(メッセージ)をそこに合わせていきながら、「読み手にとってそれが役に立つ、自分にとって必要なものだ」と思ってもらえるよう書く必要があるんですね。

そこで問題となるのが、そもそもの「自分の伝えたいこと(メッセージ)」を、どのように読み手の欲しいものとして合わせて作っていくか、ということです。

合わせていくためのポイントとしては4つあります。

ポイント①自分の主張(最も伝えたいこと、メッセージ)を明確にして一つに絞ること。

まずは、自分の伝えたいことを明確に整理します。自分が伝えたいことがあれもこれもと複数あると、読み手もこの人は何を言いたいのか分からない、となってしまうので、メッセージはできるだけ1つの記事にひとつだけに絞るのがベストです。

ポイント②誰に?を明確にする。

自分の伝えたいことを明確にしたら、次はそれを誰に対して伝えたいか?ということを明確にします。自分のメッセージを必要としそうな人は、女性なのか、男性なのか、何歳くらいの人か、どんな環境、状況の人なのかを絞っていきましょう。

ここの「誰に」を広くしすぎると、結局どの人にとっても「自分に必要なもの」と思われない、ぼんやりとしたものになってしまいますので、しっかりと考えてみてください。

ポイント③読み手の悩みを理解する

「誰に伝えたいのか」ということを明確にした後は、今度はその相手がどんな悩みを持っているかを考えていきます。

その相手がどんな悩みを抱えていて、自分の伝えたいメッセージは、その相手の悩みにとって、どんな気づきや解決のヒントや、手助けとなりそうか、それをどのように伝えたら、相手はこれで解決できるかも!変われるかも!と希望を感じてもらえるかを想像していきます。

自分の伝えたいものを、そのまま自分が伝えたいように書くのではなく、相手のその悩みに合わせて、それを解決できるということが伝わるように考えて、表現していくのですね。

相手が「これは自分の悩みを解消するのに必要な内容が書かれている!」と思ってくれれば、しっかりと文章を読んでくれます。

そのためには、ちゃんと相手の悩みはどういうものかを理解して、それに自分の伝えたいメッセージが解決の役に立つよ、と伝えていくことが大事なので、しっかりと相手の悩みを理解していきましょう。

ポイント④読み手の「本当に欲しいもの」を理解する。

さて、最後は読み手の「本当に欲しいもの」を理解するということです。

これはどういうことかというと、ポイント③の読み手の悩みを理解する、のさらに深堀した内容になります。

たとえば、読み手の悩みが「太っていて痩せたい」だったとしますよね。

この悩みだと、伝えることは、ダイエットにいいサプリ情報が欲しいのかな、それとも筋トレの方法かな、食事制限の方法かな、と考えるかもしれません。

もちろん、それらの「痩せるための方法」は痩せたいと考える人に有益な情報ですし、読み手もきっと必要としているはずですよね。

しかし、この読み手の本当の悩みは、じつは「太っていて痩せたい」ではなくて、「好きな人と両想いになりたいけど、太っていると好きになってもらえないかもしれないから、痩せたい」だったとしたら、本当の悩みは「好きな人と両想いになりたい、恋愛を上手くいかせたい」なのです

もし、その読み手が太っていてもいなくても、恋愛がうまくいく方法を知ることができたら、おそらくそこまで痩せたい!とは思わないはず。

なので、あなたがその「痩せるための方法」を伝えたい、と思うのなら、「好きな人を夢中にさせる、綺麗な痩せ方」などの伝え方をすると、その読み手の悩みにダイレクトに刺さり、あなたの伝えたいことをしっかりと受け取ってくれるようになるのです。

以上この4つのポイントを押さえていくと、自分の最も伝えたい内容を、読み手にとっても、自分にとって役立つ、求めていたメッセージとして受け取ってもらえるようになります。

ぜひ意識して考えてみてくださいね。

まとめ

カラフルな小物

以上、読まれる文章を書くためのマインドセットと4つの事前準備について、そしてその文章の核の部分となるメッセージの作り方についてお伝えしました。

どんなにあなたが伝えたい素晴らしいものを持っていても、その価値を相手に最大限伝わるように伝えられなかったら、知ってもらえなかったら、それは残念ながら存在しないのと同じです。

だからこそ、文章を書く前のマインドセットを意識して、どうやったら自分の伝えたいことを、読み手が読んでみたい、知りたいと思ってもらえるのか、そしてどんどん読み進めたいと思ってもらえるのか、しっかりと読み手の視点に立って準備してから書いていくのが大切なのですね。

そのためには、とにかく読み手がどんな人であるのかを、とことん研究していくのが大事です。

しっかりと読み手のことを理解している文章は、読み手の心を掴み必ず読まれる文章となっていくので、記事を書く前に4つの事前準備を実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました